会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!

" />

2016年 6月 の投稿一覧

コーチは共感しなきゃいけない

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



今日は、コーチ、カウンセラーなど
相談業をされている方に向けて書きますね。



「もっと共感しなきゃ」


「もっと傾聴しなきゃ」


「もっとクライアントに寄り添わなくては!!」




最近、そんなお悩みを立て続けに聞きました。


「もっとクライアントに向き合わなきゃいけないと思うんです」

とおっしゃるのはもちろん、大事なことなんですが…















コーチングやカウンセリングって向き合うだけじゃないですよ。


傾聴が~
とか、
共感が~
等のスキルで止まってしまっている人がかなり多いですし、


スキルを駆使して話を聞こうとすると、

「ほんとうにわたしの話、きいてます??」
と思われてしまいます。

そんなスキルよりも、もっと信頼関係をがっちり築ける方法があるので、
私の講座ではもうすでにカウンセリングやコーチングの練習をばんばん行えています。

こんなにしっかり実践ができる場所は、ほかにはないですね。



ふるさと納税

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。




ずっとやろうやろうと思っていて後回しにしてきたこと
の一つに、ふるさと納税があります。


あなたはやってますか?





私は、地元は横浜ですが、
お世話になった土地&大好きな場所が東北です。



震災からの復興を支援したいという点もありますが、祖父母が青森に住んでいた私にとっては、旅行というと東北なんです。


社会人になって一人旅をした青森で、家出少女に間違えられたこともいい思い出?です
(Tシャツジーンズで一人で駅のそばをうろうろしていたら、いろいろな人から声をかけられ
「お父さんとお母さんに言ってきたの?心配してるよ」と声をかけられた件。
あの頃は今よりもっと童顔だったせいでしょうか…余裕で二十は超えていたのです)


ですので、この度青森と宮城にふるさと納税をしてみました。


意外と簡単に手続きが終わったので、お礼の品が届くまで楽しみに待とうと思います。



これも、2000円払うと、収入によって住民税が控除されるということで、
結構な節税になりそうです(制度の是非はこれから議論されていきそうですが)



東北の人たちの優しい気持ちに少しでも役立てられればと思います。














やみくもに勉強しても意味がない

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



今年の初めに、


「今年こそ英語が身につくようにしたいです」
という目標を立てた方、いらっしゃいますか?



その目標は達成できそうですか?



ギクッとした方も多いかもしれません。



ここで、一年の半分を終えて、再度確認していただきたいのは、


・勉強の計画

・進捗度合い




ではなく、





「英語を勉強する目的」
です。



目的があり、得たい結果がないのに努力をしても、
結局遠回りになってしまいますよ。




「コーチに需要はありますか?」と聞かれたら?

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



昨日から、コーチの方向けに記事を書いています。


コーチに需要があるか聞かれたら、あなたなら何て答えますか?
と質問しましたが、考えられましたか?








私の回答は…


















「コーチングそのもの」には需要はないです、とお答えしています。



クライアントは、コーチングそのものが受けたい人ってほとんどいないんですよね。
(コーチはここを誤解している方も多くいますが)



だから、「コーチングしますよ!!」と売り出しても売れません。

ですので、私の講座では、その根本の考え方を変えていただいています。


ここの考え方が分かれば、簡単に商品は作れますよ。



コーチに需要ありますか?

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



今日はコーチの方向けの記事です。



先日、ある方から、
「コーチって需要が見込める仕事ですか?」
と聞かれました。




あなたならどう答えますか?




「もちろんですよ!!なぜならコーチングというものは。。。。」
と語り始めますか?


「(えっそんなこと急に言われても…)」と戸惑いますか?



「イヤーこれだけでやっていくのは無理です」
と自虐を交えて返しますか?


ぜひ考えてみてくださいね。








自分を信じていません。

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


梅雨で雨が続いていますね。


洗濯がなかなかできず困っています。





こういう時期に


「憂鬱」

「気がふさぐ」

「やる気が出ない」


方も多いでしょうね。



私も、気圧が下がるとあまり具合がよくありません。


でも、だからといってだらけたり、
仕事のスピードが落ちるということもないです。



この理由は、



・もともと好きなことを仕事にしている

・自分のやる気だけで仕事をしていない


からでしょうか。


自分のやる気にむらがあるのは重々承知しているので、
その中でも継続するための方法を考えています。


私が見ている限り、多くの方は自分のやる気を信じすぎです(笑)










人はやりたいことを忘れる

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


実は、前々から憧れていたことがあります。


すでに体験された先輩が
「すっごいよかったよ!」とおっしゃっていて本当にうらやましかったんですが、



「まだお金がないから」

「じかんがないから」

「そのうちの楽しみにしておけば」


と、ずっと言い訳をしてやらなかったんです。



本当は、時間もお金も作ればよかったんですが、言い訳をしてやっていなかったこと。

それがこちら↓↓

http://setouchi-artfest.jp/



瀬戸内の島のアート作品を見る展示企画です。



2013年に行った人みんなからすごくおススメと言われてきたのに、
いろんな理由をつけていきませんでした。


しかも、行きたいと思ったことすら忘れていました。


たまたま駅でポスターを張ってあるのを見て、思い出せたので、今年こそ行こうと思います。


そのために大事なのは…








先に予定を入れてしまうこと。




先延ばしにしておいていいことは一つもありません。


やりたいこと、行きたいことには、先に時間を投資しましょう。







そんなにすごくない

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



昨日は、やりたいことはあるのに、三日坊主になってしまう人についてお話をしました。


この解決法ですが…














「どこまでやるかを決めておくこと」

「先に休むルールを作っておくこと」



あまりに壮大な目標を掲げていると、
途中まで何をすればいいのか見えなくなってきます。


そして、休みや休憩の時間がないまま頑張り続けることは不可能です。



もともとやることをきちんと決めておく。
そしてその中には休む時間も決めておく。





「何キロやせるために、これをやっておこう」
「でもテレビを見る時間も作ろう」


「起業のために自分の棚卸をしよう」
「でも週に一回は遊びにいこう」








ルールがないと人は迷う

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。

今日は、「三日坊主」で終わってしまうことに悩んでいるあなたへ
向けて書きますね。



「本当はダイエットしようと思っていた」

「本当は勉強しようと思っていた」

「本当は独立に向けて作業するつもりだった」


でもついつい、


・テレビを見てしまったり

・飲み会に参加してしまったり

・だらだらしてしまい…


結局ちっとも続かない。


こういう悩みを持っている方は多いんですよね。


この悩みをどうやったら解決できるのか、
明日からまた解説しますね。





足りない=買わなきゃのひと

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。




お金がたまらないんです…と言っている方に、よくよくお話を伺うと


「PCが壊れたので買いました」


「結婚式に来ていく服がなくて」


「勉強しなきゃと思ってスクールに通ってます」


んん?タブレット買ったって言ってなかったっけ?

洋服、結構持ってますよね?

この前もスクール言ってませんでした?



このあたりを突っ込むと、



「たしかに、タブレットでも十分でした」

「そうなんですよね、よく見たら何着か持ってたんです」

「勉強してもしても収入につながらないものばかりなんです…」


お気持ちはよくわかります。

これらは、私も経験してきました。




ここであなたにぜひ、覚えておいていただきたいことがあります。


私たちは「お金を使うことが大好きだ」ということ。


お金を使うとすっきりするんです。


だから、いつだって使いたいんです。


この基本の考えを忘れていると、ある時ドカッと買い物をしてしまいます。


買い物をするときは


「代替品ないかな?」
を合言葉にしてみてくださいね。