会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!

" />

2016年 6月 の投稿一覧

頭痛に負けなくなってきました。

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


会社員時代から悩まされ続けた頭痛。

何を持っていなくても、とにかくロキソニンだけは手放せなかった頭痛。


気づけば、ここ三か月薬は飲んでいません。

と言っても、頭痛が起こらないわけじゃないんです。


アイタタタタ。となるときはあるのですが、
対処法がわかってきたのでかなり楽になってきました。


その対処法とは、

・適度なカフェイン摂取と、
・アロマの力を借りること。

アロマはローズマリーとペパーミントを、
ホホバオイルに混ぜて痛いところに塗っておくと、かなり効きます。



これ実は、クライアントさんから教えていただいた知識なんです。


実は頭痛がすごくて、と言ったら、対処方法を教えてくださったおかげで、
最近は薬なしで過ごせています。


私は、はっきり言って知識が非常に偏っています。

先日も、飛行機のチケットの取り方がわからず右往左往していました。
(事前チェックイン とは でしばらくグーグル検索していました)

だから、わからないことは調べたうえで聞いたほうが早いんですよね。

調べてもわからなければ人に聞いちゃう。

この姿勢が身についてから、時間のロスが減りましたね。







結構簡単ですけど。

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



毎月本棚の入れ替えをしているのですが、
よくよく見ると、今の私にはもうあまり必要のない本って結構増えていくんですよね。


本を捨てるのは結構勇気がいる、という方も多いです。


だから、ブックオフとか、本の宅配買取サービスを活用したり
図書館に寄贈したりされているかと思うのですが…





今回はブックオフの買取サービス活用してみました、
これ、すごい楽ですね。



箱に本を詰めて、ネットから予約を取って、あとは来てもらうだけ。


わざわざ重たい本を持っていく手間に比べて雲泥の差ですね。


ここで、あなたが気になるのは、残す本と残さない本をどうやって分けるの?
ということかと思います。

私の基準としては…










「お金を出してもう一冊買ってもいい本が、残す本」
です。


この法則にしたがうと、自分に必要な本ってそんなに多くないんだなぁ
と思われるかと思います。

ぜひ、活用してみてください。





「アドバイスしても意味ないよね~」

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


昨日からなぜ、私がお世話になっている美容師さんは、
御客さんへ家でのケアの方法を伝えるのを辞めたのか、いう質問をしました。


なぜかというと…













「でもさ、結局どんなに言っても、
 やらない人ってどうせやらないから
 意味ないなーと思ってさー」

しかも、そういう人に限って


「でも私は忙しいので」

「でも私はこういう事情があって
 そこまでできないんですよ、だって~」

「でも私はもともとの髪質から言って、
 そういうことしても無駄なので」

と、エゴを丸出しにして話してくるそうです。




せっかくプロに聞いてるのに、
自分の話しかしないのってどういう神経なんだろうね。
と心底不思議そうに言っていました。


確かに、何につけても
「でも」「だって」を連呼する人は多いです。

かつては、この人にどう言えば
わかってもらえるだろうと心を砕いていましたが
それはもうやめました。

そういう人と出会ったら、
そっと距離を置くことにしています。


言われたことをやらない
素直じゃない人に、何か言おうという気持ちがそもそもないです。


私は、せっかく独立したのだから、
きちんと人のアドバイスを聞いて、
実践していただける人とだけお付き合いしたいですね。






アドバイスはやめました

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


先日、美容院で髪を切ってもらいました。

普段通っている美容師さんは、非常に、
髪に対する職人気質が強く、
よくドライヤーのかけ方などをご指導いただいて、
全然ちがーう!!と怒られていたのですが…



最近、髪の毛のケア方法を新規のお客様に
懇切丁寧に言うのはやめた、
と言っていました。


前は、どんなお客さんにも親切に
「家ではこうやってケアしてくださいね」
「こんな洗い方は駄目ですよ」
「乾かすときにここ気を付けてくださいね」

と説明していたそうなんですが…


なんで、この方がアドバイスを辞めたと思いますか?


ぜひ考えてみてくださいね。










手帳を買い換えました。

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


手帳を買い換えました↓↓


ESダイアリー2016 4月始まり オレンジ(A5 バーチカル+メモ)

今使っていたのも、大変気に入っていたのですがなにぶん時間刻みの仕事が増えたんです。

前までは、「勤務の日」「休みの日に何時に待ち合わせるか」程度だったのでウィークリーの手帳でも十分対応できましたが、今はスキマ時間にもセッションやセミナーを入れたいので、こちらのバーチカル方式にしました。





前にバーチカルを使って、イマイチだったのですが、今はもう重宝しまくりです。

自分の仕事のスタイルによって、手帳は選ばないとダメですね。




すぐやる人

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


この仕事をしていて思うのは、

世の中にはアドバイスや助言をもらったら「すぐやる人」と

「自分にはまだ早い」
「どうやればいいんですか?」
と聞いてちっとも動かない人がいるなぁ。ということ。



別にどっちが正しいとかではないんです。

ただやっぱり、結果はすぐやる人のほうが出します。


その理由の一つとして、
「すぐやる人にはもっとアドバイスを与えられるから」
です。


いつまでも理由をつけてやらない人には
「もっとこういう言い方をすれば動いてくれるかな?」
など、工夫して伝えますが、
結局その先に行くためには本人が行動しなきゃその先のことは言えません。


だから、結局歩みは遅くなってしまうんですね。







何かの縁で友達になろうとする人

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。




先日、ようやく髪を切りに行けました。

5月中は起業塾の準備で大忙しだったので、
すっかりもさもさに…

美容師さんから、「のびたね」ではなく、
「増えたね」と言われてしまいました。


この美容師さんとは、
実は交流会で知り合ったのですが…


「最近全然フェイスブック見てないでしょ」

「あ…そうなんです。なんかめんどくさくて」

「そうそう、メッセージが全く既読つかないから。
でもたしかにめんどくさいよねー。
だいたいさ、これも何かの縁っていって、
勉強会でちょっと話しただけで友達申請されても困るよね。
正直、あんた誰?だよ」


ほんとそうですよね!!と思わず同意してしまったのですが…


もちろん、出会った縁は大切にしたいですし、
私もたまたまの出会いでいろいろなことが変わった経験があります。


でも、交流会でほぼしゃべっていない&名刺交換すらしていないのに、
「何かの縁」って言って
・フェイスブック友達申請
・イベントへの参加依頼
・お時間あるときにお話ししませんか?のメッセージ

という3段論法してくる方、いますよね(特に保険業界の方)


ここで言っておきたいのは、それ、営業活動なのバレバレですから…


そんな付け焼刃の営業してる方に私のお金も時間も差し上げたくないですから…



なんていうか、営業の仕方が美しくないので好きになれません。


セールスするならもっと違う方法を取ればいいのに。
って思っちゃうんですよね。↓↓

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク












「箱の中」にいた私

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


昨日は、この本をご紹介いたしました。





自分の小さな「箱」から脱出する方法



実は私も、一時期どっぷり箱の中におりました。

それは、こんな時のこと

お客様がそばに来て、無言でクレジットカードを放り投げます。


(…パンチ!

寺本「どうされました?」

「切符、早くしろよ」


かっちーーーーん!!!

(いやいやいや、ふつう多少の状況説明位するでしょ、なにその言い方、だいたい、たとえ相手がだれであってももうちょっと言葉づかいってものがあるんじゃないの…以下、延々続く)


ここで、相手に振り回されて、
「私に話しかけてくるお客様は全員感じが悪い」

「ここを使うお客様はどうしようもない」

と、すっかり敵意むき出しで接客していました。

今となっては、幼かったというか、バカだったなぁと思うのですが、
私が敵意を持って接客すると、相手もイライラが募り、どんどん空気が悪くなっていきました。


もっと早くこの本を知ったら、違う対応もできたんだろうと思います。


今もしあなたが、

職場の中で
お客様との関わり
後輩との関係

これらで悩んでいるあなたは、ぜひ読んでみてくださいね。









「あの人が気に入らないから会社に行きたくない」

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



私が会社員だったころ、悩みの種だったある職場にいるとある方々…


・高圧的で口を開けば仕事の文句をいう先輩

・微妙に距離を測ってマウンティングをしてくる女性社員

・へらへら笑ってこっちの要求を全く聞かない上司


正直、この方々には一ミクロンもいいところがない
私は被害者
あの人たちさえいなくなればうまくいくのに


と思っていましたが…




自分の小さな「箱」から脱出する方法



この本を読んでから、少し見方が変わりました。


でも、いわゆる自己啓発本とはちょっと違います。



「自分が変われば相手も変わります!」

「じぶんがハッピーでいることが大切!!」

なんて言われると「そんなきれいごとはまっぴら!!今のあたしはつらいのよ!!!」
と叫びたくなるあなたは読んでみてくださいね。




気づけば3年目

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



ふと気づけば、このブログを始めて3年目に突入していました。

読者の方もじわじわと増えてくださり、ありがたいです。


何らかの文章を書く、というのは、自分にも大変いい影響を与えてくれます。


何らかの形で、ほかの人に向けてメッセージを発するのに、無料で使えてこれだけ手軽に読めるものって、ほかになかなかないですよね。


これからも、お役に立てるような記事を増やしていけたらと思っています。