会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!
" />

2016年 11月 の投稿一覧

「まずは捨てないと話にならない」

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

部屋をきれいにしようとしたときに

まず「収納」からどうにかしようとおもっていませんか?

 

「衣装ケースを買って」

「棚を増やすなら~」

「きれいに収納できるように」

 

 

 

 

ちょっと待ってくださいね。

 

その新しい収納グッズに入れるものは何ですか?

 

 

本当に必要なものを入れる予定ですか?

 

それとも、とりあえず物をしまうためだけのものですか?

 

 

必要なものを入れるものがないのなら収納グッズを買うのはいいのですが

「とりあえずしまって安心したい」ために収納グッズを買っていませんか?

 

折角収納グッズを買っても、しまうものが「不要な物」であったら

意味がないですよね

 

「キャラクターを出す」

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

起業をしようとブログを書いている方にとって、

悩みの種となるのが

「他の人と似たようなことを言ってしまうこと」ではないでしょうか?

 

私自身も、「自分の色」とか「キャラクター」の出る文章を書きたい!

と思いながらも、なかなかうまくいきませんでした。

 

 

無理に明るく書いてみようとしたり

もっと頭がよく見えたほうがいいんじゃないかと書いてみたり

 

 

いろいろやってみて分かったのは

「土台がしっかりしていないと書けない」

ということ。

 

「自分はこういうキャラクター」

という定義をまず決めないと、

文章を書いても色が出てくることはあり得ないんですね。

 

「ちゃんとご飯食べてます?」

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

私は、カウンセラーになりたいです!と言って会社を飛び出したのですが

未だに会社の人たちと仲がいいです。

 

 

先日は、後輩から

「新しい仕事どうですか?ちゃんとご飯食べれてます?」というメールをいただきました。

自分で言うのも何なんですが、

辞めた後もこんなにかまってもらえるのって

そうそうないことですよね。

 

 

そしてこれは、私だけではなく

私の受講生の方も

 

「職場で認められるようになりました」

「同僚から信頼されるようになりました」

と言った声をいただくようになりました。

 

 

次の商品では、

このノウハウをまとめて、お伝えできるようにする予定です。

 

自分でも、このノウハウがまとまったら相当いいものになりそうで楽しみです。

 

「働きながら起業準備」

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

仕事をしながら、起業準備をしていたというと

「すっごく大変だったんじゃないですか?」

と言われます。

 

たしかに、睡眠時間を削ったり、

休みの日を起業準備をしたりはしたので、

大変と言えば大変だったのかもしれないんですが…

 

 

「私はこんなに苦労しました!!」というストーリーが全く出てきません。

 

私も、「睡眠を削りこんなに苦労をしてようやくつかんだ成功です!!」

とか言えたらいいんですが…

 

やるべきことを淡々とやっていったら、独立できたという感じです。

 

歯を食いしばって、血反吐を吐きながらやったというよりも

行きたい場所があったから階段を淡々と登ったら、いつの間にか

見える景色が違っていた。

という感じです。

 

 

おそらく、階段を上ることも楽しめていたからだと思うんです。

 

仕事をした後に、また自分のビジネスを組み立てるのは

なかなか大変です。

 

だからこそ、階段を上るときも楽しめる方法をお伝えしたいんですよね。

 

養生生活

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

寒さが増してきましたね。

 

私は冬が大の苦手で、毎年風邪をひいたり不調を起こしています。

 

ですが、今年は

 

・しょうがを多めにとる

・常夜鍋(豚肉とほうれん草の鍋)を食べる

・ビタミンCをたくさんとるため、パプリカのマリネを食べる

 

等々の対策をしているせいか、まだ今のところ崩れていません。

 

普段は季節が変わるタイミングで一度崩れるんですが。

 

 

前は、とにかく会社に行かなきゃいけないと、薬を飲んで症状を抑えてごまかしていたんですが、今は1人で仕事をしているので、自分の体調をしっかり見極めて、今後の対策を取るようにしています。

 

これから一人でビジネスをしていくので、体が資本ですからね。

 

 

 

 

「本を持つ意味」

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

私は毎月本棚を整理しているのですが

「本当に必要な本なのか」

「ただおいておきたいだけの本なのか」

を考えるようにしています。

 

私は本が好きです。

装丁や中身ももちろんですが、その作家が好きで置いてある本がいくつかあります。

 

ただ、前はその量が多すぎました。

「手元に置いておくことでパーソナリティの示すため」

に本を置くことをやめると、本棚がかなりすっきりします。

 

 

「こんなに簡単だったとは」

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。

 

最近、自宅の電気ケトルが水漏れを起こすようになっていました。

 

よく見ると、底と本体のつなぎ目のところから水がこぼれていたんですが

まぁ、少量だしいいか。と思って、ひと月くらいほったらかしていたんです。

 

 

でも、よく考えると、これ、電気で沸かしているんだし、

漏れた水で感電とかしたらまずいよね…

 

 

そう思って、販売元に確認したところ

「じゃあ交換しますのでご住所教えてください」

 

あれ?これだけ?

 

 

何か手続きが面倒なんじゃないかと思って

ほったらかしていましたが

こんなに簡単ならさっさとやればよかった。

 

一つ懸念材料が減ると

それだけで気分良く過ごせますね。

 

 

「待たされ時間」をなくす方法

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

人と会う約束をしていて、

相手が一時間遅れてしまう場合

あなたはどうしますか?

 

「そばのお店を見て回る」

 

「喫茶店に入る」

 

私の場合は、こういう時に

読みたいけれど読めていなかった本を

キンドルアプリで読みます。

 

 

キンドルがあると携帯からでも本が読めますし

「気にはなっていたけれど、買うか迷う」

という場合は、とりあえずサンプルだけでもダウンロードします。

 

 

最近つくづく思うのは

 

「情報や言葉は、常にインプットしていないとさび付く」

ということです。

 

「忙しくて本が読めないから~」と言っていた頃は、

確実に今より語彙力が少なかったです。

 

知識を入れることは、基礎中の基礎なので、

こういうスキマ時間にコツコツやっていきたいですね。

 

 

 

 

ビジネス頭を創る7つのフレームワーク

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

今、この本を読んでいます。


 

http://amzn.to/2dH3nLX

 

まだ読み始めたばかりですが、

「他者の考えに敬意を払い、それが役立つものなら

 自分のものにするまで取り込む」という文章が印象的でした。

 

 

 他の人の考えのいいところを取り入れるときには、

 相手への敬意が不可欠です。

 

 相手への経緯がなければ、

 その考えにどれだけの価値があるか見出せませんからね。

 

○○率がやばいです

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

 さて、今日は
 かなり面白いことがあったのでシェアさせていただきます。

 11月30日で週末コーチ起業塾の 
 第一期生の期間が終わります。


 そこで、継続してサポートを受けたいか
 アンケートを取ったところ
 8割の方が 
 「第二期も参加したい!」という
 メッセージをくださいました。


 正直に言うと、
 私が一番驚いています。


 だって、こちらからは特に
 「ぜひ継続してください!」と
 個別にコンタクトを取ったりしていないんです。


 でも告知してすぐに約半数の方が
 残留を決めてくださり、
 一週間で8割の方が
 残ることを決めてくださいました。

 なので、第二期はスタートから
 22人の受講生がいます。


 この数字を、ほかの講座運営の方に
 言ったところ
 「とんでもない数字」と言われました。


 この講座の文化は、第一期の方が
 作り上げてくださったもので、
 本当に感謝しています。


 もっともっと使い勝手がいいものになるように、
 いま準備をしています。


 来年の1月には、販売を開始したいと思っています。


 なお、この講座の代金は決して安くありませんので
 参加を検討されている方は今のうちに貯金しておいてくださいね。


 

 PS

 この講座では
 ・まったくビジネスをしたことのない主婦や、
  営業未経験の会社員でも
  ファーストキャッシュを得るまでサポートを受けられること


 ・ほかの起業塾では全く成果が上げられなかったのに、
  「実績作り」と「商品づくり」をたった3か月で完了させたこと

 などの結果を出しています。


 こういうことをお伝えできるのは、私くらいだと思いますので、
 ぜひ次期の週末コーチ起業塾に来てください。