会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!
" />

2016年 12月 の投稿一覧

起業塾も選ばないと…2

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

 私も、起業塾を主催していますが

ここはどんな雰囲気にしているかというと

こちらも、たのしく仲間作りができるような環境にしています。  

 

特に意識はしていなかたのですが、

こちらはちょっと体育会なノリ&面白い人が多いのが特徴ですね。  

 

 

 「NAZONAZOフィーバーナイト」

 

「朝と夜のテント作業会」  

「○○ママのナイト作業会」  など、

おそらく講座外の方が読んでも  

まったくわからないであろう  

意味深な企画がたくさん行われています。  

 

 

私と同じように、受講生さんたちも  

素敵な仲間を作っていることが  

何よりうれしいですね。

 

 

起業塾も選ばないと…

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

昨日まで、起業塾に関して書いてきましたが

 

「起業塾に入ったけど、FBページに  自己紹介以外何も書き込まれず、  まったく交流なんてなかった」 「みんなが○○万円稼いだ!っていう自慢を  していて、居心地悪すぎでした」 というところもあるそうです。 所属する場所は選ばないと、 重大な機会損失を起こす可能性がありますよ。

 

 自分と関わる人によって、成果は変わってきますからね。

 

 

 

行動スピードを上げたい人へ

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 これはあくまで私の個人的な感覚なんですが 周りに応援してくれる人がいると、 自分の行動のスピードが2倍速になります。 なぜなら、「失敗してもここなら大丈夫」と思えるので、 落ち込んだりへこんだりして行動が止まる時間が なくなるからです。  つまり、いい仲間がいれば 「行動スピードが速くなり」 「周りから応援されて」 楽しく仕事をすることが出来るんですね。 「自分は一匹狼なので、周りから応援されなくていいし、   行動も“自分なり”にやるからいいんです」 という方は、そのまま一人寂しく生きるといいと思います。 でも、 「自分も大学の頃みたいな友情を感じたい」 「この年になっても、仲間がほしい」 「この人たちのために頑張りたいと思える存在がほしい」 という方は、↓のピンクのボックスを押してくださいね。

 

起業家は孤独という嘘2

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

 私は、起業をしたら孤独に頑張るんだと思っていたんですが

 決してそんなことはありませんでした。

 

 私は、とある講座に参加したおかげで、 一人で仕事をする寂しさからは逃れられたんです。 その講座では同じ相談業ビジネスをする 「仲間」にたくさん出会うことが出来ます。 そして、日々オンライン上で コミュニケーションをとっています。 真面目なビジネスの話から 学生時代の頃のようなふざけた会話まで チャットのやり取りが止まりません。 例えるなら、大学時代のサークルの 部室みたいな感じでしょうか。 授業が終わって部室に行くと、 いつも誰かがいて、 その時、何かしんどいことがあっても みんなと話しているうちに忘れてしまう。 そういう場所を見つけたので、 孤独とは全く無縁なんですよね。

 

 

 

起業家は孤独という嘘

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

先日、大学時代の先輩から連絡が来ました。 近況を話している時、私が 会社を辞めて一人でビジネスをしていると言ったところ 「え?ずっと一人で家にいるの寂しくない?」 と驚かれました。 「会社辞めたら友達いなくなっちゃうし、  誰とも会わないで過ごすのムリだわ」 確かに私も、会社員の頃は 「会社を辞めたらずっと一人で仕事するんだ…」 と悲壮な決意をしていたのですが… 実際は全く違っていました。

 

 どういうことか、また明日お伝えしますね。

 

12月のせわしない空気

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

12月が始まりました。

 

この時期のせわしない感じは、結構好きです。

というのも、

大学の頃は、所属していた合唱部の12月に演奏会があり、

ここで一年間の集大成を表せたこと。

 

鉄道員の仕事を辞めたのも12月でしたので

12月は完了の時期なんです。

 

 

私が主催する週末コーチ起業塾も昨日で一区切りがつきました。

 

と言っても、八割の方が継続して塾に残ってくださるので、

まだまだお付き合いが続くことをうれしく思っています。

 

お会いした当初は「私にセミナーなんてムリ」とおっしゃっていた方も

どんどんセミナー講師デビューをされているのでうれしい限りです。

 

 

これからどんなふうに変わっていかれるかを

そばで見続けさせていただくので、本当に楽しみですね。