東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓

 

 

 

会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!
" />

2017年 1月 の投稿一覧

”30分で3品!野菜嫌いの子供が美味しいと言ってくれる野菜最強レシピ120分ファーストレッスン”

こんにちは寺本です。

 

実家でだいぶん「接待」をしていただいたので

今の家に帰ってきて野菜中心の生活に切り替えています。

 

このブログにもあるように、先進国でも栄養失調気味の人口って結構多いんですよね。

 

アメリカでも子供が栄養失調になり、軍に入れないということがあるそうです。

 

 

実はあなたも

「とりあえずお腹を満たす菓子パン」

「お腹空いたからどんぶり」

「朝は時間がないからパン」

 

といった生活をしていると、ビタミンやミネラル不足になってしまいます。

 

 

この本にもありますが、美肌になるには良い化粧品よりも食事が重要。

身体のためにも、いい食事をとりたいですね。

東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓

 

 

 

集中力をあげるにはどうしたらいいの?

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

昨日は、集中力をあげることを意識してもあまり意味がないと

お伝えしました。

 

 

集中力を上げようとしても、

人間の集中力には限界がありますので

長時間集中を続けようとすること自体がマチガイです。

 

 

では、どうすればいいかというと

いろいろポイントはありますが

一言で言うと「大事なとこだけ抑える」です。

 

私は駅員の頃

「お釣りを間違えてはいけない」

「クレームをもらってはいけない」

「ちゃんと案内しなければいけない」

と、いろいろなことに集中しようとして

パンクした経験があります。

 

 

具体的には頭が真っ白になって

お客さんからかなりなクレームをもらってしまったんですよね。

 

 

でも、ある時上司から

「その場で大事なことだけ考えろ」と言われて

「今この人に必要なのは正確な切符とお釣りだ」

とアドバイスをもらい、

 

「この人は困っているからひとまずやさしく話そう」

と、何に集中すればいいわ見極めるようになりました。

 

その結果、かなり楽に仕事ができるようになったんです。

”軽く、軽く、もっと軽く生きよ〜”

こんにちは寺本です。

 

旅行の時の荷物は、ついつい

「あれも持って行かなきゃ」

「これも持って行かなきゃ」

と詰めに詰めて、結局使わなかった、なんてことになりがちですよね。

 

これ、じつは

「スキル」「知識」も同じです。

 

「この知識も学ばなきゃ」

「このノウハウも知らなきゃ」

と思っていても、結局使わなかった。なんて商材、結構あるんじゃないですか?

 

 

私も、起業前に買った商材や学んだ本の中で

「あまりいらなかったな」というものがかなりあります。

 

このモッタイナイを防止するためには

「何のために学ぶか」を確認してから学び始めることです。

 

目的がはっきりしていれば、無理に

知識を詰め込まなくても大丈夫ですよ

 

集中力を高める方法

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

先日クライアントさんから

「どうやったら集中力が高められますか?」

「寺本さんはいつも働いている感じがします。いつ休んでいるんですか?

 モチベーションが下がりませんか?」

という質問をいただきました。

 

 

私は、やりたいことをやっていますから、

集中力は途切れないんですよ。

 

 

 

 

嘘です。

 

よくこういうこと言う方がいますが、

そんなことはありません。

 

集中力は途切れます。

 

私も、はっきり言って真剣に集中し続けられるのは

20分が限度です。

 

どうやったら集中力を保てるだろう、というのは

そもそもの前提が間違っています。

 

明日からはそのお話をしていきますね。

 

 

 

余談ですが、「私は毎日が楽しくて仕方ありません!」

「やりたいことをやっていると毎日ハッピーです」

みたいなことを声高に言う方いますが、

たまにこそっというならまだしも

毎日幸せですアピールをするのって

つかれるんじゃないかと他人事ながら思うんですよね、

 

そして、言えば言うほど幸せに見えないし…

 

 

やりたいことをやっても、

しんどい時もつらい時もありますよ。

 

でも、自分で決断したことだから

納得できるという感じです。

今年はきれいなノートで始めませんか?

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

正月休みも終わって2日目

ちょっとお疲れの方も多いかもしれませんね。

 

今年こそは、仕事を頑張るぞーと意気込んだけれど

既にやる気が消えそうなあなた。

 

こちらの本はいかがでしょうか?

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

 

コクヨの社員の方がノートの使い方について100通りのポイントをまとめた

本ですので、すべてを使えるかというわけではないですが、

わたしはかなり参考になりました。

 

頭の整理のためにノートを活用したい方はぜひ、キンドルではなく

本形式で買うといいです。

 

IMG_20161230_151532309.jpg

 

”ちょっと思考を論理的側に寄せることができたら、違った解決方法になる。”

こんにちは寺本です。   こちらのブログを拝見して、思わず納得。     視野が狭くなっている時には   ・感情論になりがち(ムカつく、イライラする、悲しい、悔しい)   ・一つの解決策しか思いつかない (こんな会社辞めてやる、上司が転勤にならない限り変わらない、 あの人が辞めないと私は不幸)   ・自分は被害者であるという感覚(相手が全てにおいて悪い!)       感情が一気に噴き出すこと自体は問題じゃありません。 私だって、気に入らない上司に気に入らないことを言われたら内心ブチッときれてました。     でも、そのまま行動を起こすかどうかはまた別の話。     一度頭を整理して、論理的に考える癖をつけるだけでも 後で「なんであんなこと言っちゃったんだろう」はなくなりますよ。      

その自己啓発本でストレスは消えますか?3

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

 

 昨日まで、どうやったらストレスの多い環境で

 メンタルを改善できるかというお話をしてきました。

 

 今日から会社に行く方も多いかと思いますので

 結論をお伝えしますね。

 

 


 そもそも、
 いくら本を読んでも、
 いくら性格改善のワークをやっても、
 いくらアファーメーションを唱えても、

 そう簡単に人間は変われません。


 特に深く傷ついたメンタルを「自分一人」で改善するのは
 至難の業です。

 私もそうでしたが、クレーマーのお客さんに
 暴言を吐かれて傷ついた心は、
 自己啓発の本や
 性格改善のワークでは癒されません。

 

 では、どうすればいいのか。
 

 それは、「安心できる人間関係」です。

 「この人になら安心して話せる」

 「この人は自分を傷つけない」

 そう思える人との交流によって、
 メンタル面が改善していきます。


 人によってついた心の傷は、
 人によってしか癒されないんですね。


 だから、「一人で何とかしよう」と考えずに、
 「安心できる人との交流」の中でメンタル面を改善しましょう。

 
 その後で起業や副業に踏み出しても、
 まったく遅くはないですよ。