キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)
 
自己啓発業界に対してのツッコミが冴えている一冊なんですが、
何よりも大事なのは
「理想の姿でいなければいけない」という
しがらみに気づけるかどうか、だと思います。
 
私も今思い返してみれば
 
「いい娘でいなければならない」
「いい友人でなければならない」
「役に立つ部下でなければならない」
「人にやさしくいなければならない」
 
という思いにかなりとらわれてました。
 
ほかにも、
「いい会社に入らなければならない」
「勉強ができなければならない」もかなり強かったです。
でも、当たり前なんですが、他人と同じことが
必ずできるかなんてわからないんですよね。
 
 
 
 
 
副業からコーチングを始めてファーストキャッシュを獲得したいあなたはこちらをクリック
" />

2017年 2月 の投稿一覧

何故私は○○さんみたいになれないの?

こんにちは寺本です。
 
昨日からご紹介しているこの本。
 
キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)
 
自己啓発業界に対してのツッコミが冴えている一冊なんですが、
何よりも大事なのは
「理想の姿でいなければいけない」という
しがらみに気づけるかどうか、だと思います。
 
私も今思い返してみれば
 
「いい娘でいなければならない」
「いい友人でなければならない」
「役に立つ部下でなければならない」
「人にやさしくいなければならない」
 
という思いにかなりとらわれてました。
 
ほかにも、
「いい会社に入らなければならない」
「勉強ができなければならない」もかなり強かったです。
でも、当たり前なんですが、他人と同じことが
必ずできるかなんてわからないんですよね。
 
 
 
 
 

”具体的プランなんていらない”

こんにちは寺本です。

 
私は結構計画立てるのが好きです。
 
特に、
これは3月に出せるようにしたいから、ということは2月20日までに作っとくと安心…
って全然時間ナイ?!ヤバイ!!!となったりします。
 
ただ、これはあくまでやることが分かっている場合。
 
「どうしたらいいかわからない」
 
「やったことがないからわからない」というタイミングで計画を立てても
あまり意味がないです。
 
 
例えば、会社に入ったばかりなのに
「あなたの10年後の目標は?」と聞かれて
「知らんわそんなん」って思いながら
「リーダーとして活躍したいです」とかふんわりしたこと書いた経験ないですか?
 
会社の業務もまだわかってないひよっこにそんなこと聞いたって
分かるわけないですよね。
 
見通しを持つことも大事ですがそれよりも目の前のことを一生懸命やったほうが
満足度が上がりますよ。

フードポルノってなに?

こんにちは寺本です。
 
先日、この本を読みまして
 
 
キャリアポルノは人生の無駄だ (朝日新書)
 
このキャリアポルノという言葉の元になっているのが
フードポルノという言葉。
 
ウィキペディアではこんな感じ
 
おいしそうな食材画像によってアクセスを稼ぐ。という
古今東西の有名人の「今日はどこどこでランチ♡」から
起業家のヒルトンでのお茶会の様子から
インスタグラムやフェイスブックにあふれかえっている投稿です。
 
これらを見ながら、多くの人は
レトルトやコンビニ弁当を食べている、という現実。
 
まさに画面上にしか存在しないポルノ女優のようなものなんですね。
 
 
 

おいしいものを食べたいならこれを捨てよう

こんにちは寺本です。
 
私は料理を作るのは好きですが、
はっきり言ってうまくは作れません。
 
 
私の料理の失敗談としては、
 
「本来ミートボールになるはずがうまく形が作れず結局ミートソースにした」
 
「食事を作って、すごくおいしい物を作れる打率は2割程度」
 
 
くらいでしょうか。作るのは好きでも、決して才能はないということを理解しているので
 
料理を作るときには
絶対にオリジナリティを出さないということを守っています。
 
 
料理本に忠実に従っていると、そこまでひどいものを作ることはないです。
(というか、忠実に従いたくても切り方などが忠実には真似できないんですが…)
 
 
自分が苦手だとわかっているものについては
自分の勘やセンスを頼らず
うまくいっているものを忠実にまねるようにしています。
 
料理がうまい人に言わせると、下手な人ほど自己流に走る、
とのことなので、少なくともおいしいものが食べたいなら
自分のエゴは捨てないとダメですね。
 

”【オススメ!】ももいろ®ネイルセルフケアキットのご紹介♡”

こんにちは寺本です。

私は鉄道会社で働いている間、ネイル禁止でした。
 
接客をするから、という理由でしたが、
まるで高校の頃の風紀検査のように出勤時に
「ツメ長くないね?」と聞かれていました。
 
当時は「風紀委員かよ?!」と毒づいていましたが
意外とこういう仕事って多いんですよね。
 
レストランや、指先を使う仕事の方は
ジェルネイルなど使えないですもんね。
 
でも、そういう方も
「ささくれだらけ」
「爪が割れそう」
「爪の間にごみが」
なんていうのは避けたいですよね。
 
ネイルはしてないけど指先がきれい。
ってデコデコのネイルしている方よりも
上品に見えますよね。
 

”緑☆と聞いてどんな色を思い浮かべた?(思考の現実化について)”

こんにちは寺本です。

 
こちらのブログを拝見して↓
 
 
この言葉の行き違いって、自分だけではなく他人にも起こりうるんですよね。
 
緑のタオルとって、と言ったら
自分の思っていた深緑のではなく
黄緑のタオルで「ちがうこれじゃない!」とか。
 
こういった行き違い、色であればすぐわかりましが
もっと複雑な話題だと、言葉の定義をしないまま
話を進めるとお互いに誤解したままだったなんてことも起こります。
 
特に文字のコミュニケーションだと行き違いは生まれやすいですよね。
 
また、この記事にあるように自分自身の思考の幅が狭いと
本当はもうすでに解決する力があるのに
「私にはまだまだ何もない!」と思い込んでしまいます。
 
ひょっとして、いまの私、視野狭くなってないかなー?
 
と常にちょっとだけ自分を疑ってみると
いいですよ。

好きを仕事にしていたらたぶん今頃野垂れ死んでた

こんにちは寺本です

 
私はほぼ毎日自炊をしています。
 
というと、えらいとかすごいとか言っていただくことも多いんですが
単純に食費を抑えたいのと、気分転換になるからです。
 
いわゆる、仕事量が多い修羅場の時期は
レトルトカレーと即席スープっていうこともよくあります。
 
で、再度言いますが料理自体は好きなんです。
 
ただ、私には致命的に料理の才能がない。
 
手先が不器用なので、細かく切るとか、そういう作業が苦手なんです。
 
 
ここで考えていただきたいのは、「スキを仕事に!!」のウソです。
 
私は料理好きですが、多分私の料理にお金を払う人は居ません。
 
ここを勘違いしたまま起業すると、大変なことになるのはわかりますよね。