副業からコーチングを始めてファーストキャッシュを獲得したいあなたはこちらをクリック " />

2017年 2月 の投稿一覧

”逆境とチャンスは表裏一体”

こんにちは寺本です。

 
先日、クライアントとお話しをしていて
「みんながみんな起業するっていうのも
 ちがいますよね」という話をしました。
 
その方は、ずいぶん前に起業している方だったんですが
「続けられずに辞めていった人、結構いますよ~」
とのこと。
 
確かに、
「会社が嫌」でやめた人は、
「会社を辞めたこと」で悩みが解決してしまうので
別に起業しなくてもよくなっちゃうんですよね。
 
でも、「会社に居続けてもいいし、起業してもいい」という感覚だと、
こういうことは起こりません。
 
会社から重宝されて、「ぜひ残ってほしい」と言われる状態で起業すると、
励みにもなるんですよね。
 
こちらのブログを見て、会社員時代の方から応援されるありがたさを
思い出すことができました。
 
ありがとうございます。

”事実は1つ、解釈は無限大”

こんにちは寺本です。
こちらのブログを拝見して↓

 
確かに、事実は事実。
でもそれに対してどんな色を付けるのかは人によって違うんですよね。
 
よく言われることですが、雨が降って憂鬱な人もいれば
農家の人は水やりせんでよくなった、と安心できたりします。
 
ここで、
「自分は憂鬱だけど、農家の皆さんは喜んでるよなぁ」と思えるかどうかのポイントは
2つの段階が必要なんですが、わかりますか?
 
具体的には
1知識
2考えを結びつける力
の2つ。
 
知識がなければ、自分以外の仕事をしている人は雨に喜ぶかもしれないと思いつきませんし
その知識を結びつける力がなければ、相手の考えに思いつけません。
 
 

アメリカってオシャレで自由な国っていう幻想

こんにちは寺本です。
 
私は仕事をしながらラジオを聴いているんですが
TBSラジオの赤江珠緒のたまむすびがお気に入りです。
 
その中でも大好きなのが、
町山智浩さんのコーナー。
 
アメリカ在住の映画評論家、町山さんが
アメリカの現在を教えてくれるのですが…
 
 
うーん、私の思ってたアメリカと違う…
 
私の中では、
自由でリベラルで最先端の国だと思っていたんですが、
それは本当にごく一部なようです。
↓↓↓
 
アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)
 
この本を読んで、日本に生まれてよかったって思うんです。
なぜなら、日本も格差社会とは言いつつ
頑張れば「都会」に出てこれるから。
出てきて、仕事を必死で探して生き延びることが出来ても、
アメリカの砂漠のど真ん中ではそれすらも難しい。
 
 
チャンスをつかみたいと思った時、
まずチャンスのある所に行ける環境って
すごく恵まれていると思うんです。

”「軽く1杯どう?」が1杯で終わらない心理的理由”

こんにちは寺本です。

 
お誘いがうまい人と、下手な人っていますよね。
 
この人に誘われるとついいいですよっていうけど
あの人だと「一寸用事が~」なんて腰が引けてしまう人。
 
その差って、本当に些細な声かけの違いかもしれないんです↓
 

 
ただこのテクニックを知っても
「よし、これであすから使ってみよう!」と思えるか、
思えたとしてもうまくいくかは、また別の要因があります。
 
テクニック以上にポイントになることについては、講座内で詳しくお話ししていますので

某掲示板でたたかれるに違いない

こんにちは寺本です。
 
昨日は、公開した動画に悪い評価がついたらどうする?とお伺いしました。
 
 かつての私だったら、
 「見た人が低評価ボタン
  押したくなるようなこと
  言っちゃったんだろうか」 



 「なんか気に障っただろうか」


 「きっと某掲示板とかで『何だこのブス』とか
  さらされるんだわ」
 

 「もう出すのやめよう…」

 と、ひたすら落ち込んでましたね。
 かつての私だったら。



 現在は、
 「低評価ついてるけど、
  チャンネル登録も増えてるから、
  肉は切らせて骨は断ってる!!
  武道的には正解!!武道やったことないけど!」


 「やっぱり再生数多いやつから
  低評価がつくんだなぁ」



 と、ケラケラ笑いながら動画作ってます。

 この変化の理由については、また明日お伝えしますね。


 
 

”タラレバ娘ならぬ、ナイナイ娘になっていませんか?”

こんにちは寺本です。

 
私は普段、あまり漫画を読まないんですが、友人から一冊だけ読んで
描写の的確さにザクザク刺さったのがこの「タラレバ娘」
 
 
いまはドラマもやっていますね。
で、この
「あの時ああしてタラ」
「あの時こうやっていレバ」
が口癖になっている人って結構いますよね。
 
または、このブログにあるように
 
ナイナイが口癖になっている方。
 
「時間がナイ」
「お金がナイ」
「自信がナイ」
 
こういい続けていると、
例え時間があっても
お金があっても、
自信が持てる出来事があっても気づけなくなりますね。

動画に低評価がまたついた件

こんにちは寺本です。  今年は 

「使えるものは何でも使う」をテーマに、  
集客で使えそうなものをガンガン試しています。  
 
 
 
そのうちの一つがyoutubeで、5分程度の動画をとにかく 出しまくって、  
 
現時点で約30個動画を公開したんです。  
 
ツイッターなどでリツイートしていただいた結果  
じわじわと再生数が伸びてきてうれしい限りなんです、、  
 
 
ですが…  
 
アナリティクスを見たら、  
高評価0  
低評価2 
 
 
さて、もしあなたが私の立場だったらどうしますか?