コーチングで感謝されて副業をしたいあなたはここをクリック" />

2017年 11月 の投稿一覧

骨格診断の本にケチつける人たち

私の趣味の一つに
「キンドルセール本チェック」があります。

 

半額、またはお試しでかなり安い価格で本を読めるので
思わず何冊も買ってしまうんですが、
 

中でも好きなのが「骨格診断によるコーディネート本」

カラー診断や骨格診断に基づき、
似合う洋服を紹介してくれる本で

下手に雑誌を買うより基本的な組み合わせが学べて

勉強になります。

 

しかし、レビューをみると…

 

「星一つ、この本を読んでも似合うものが分かりません」

 

「星二つ、この本じゃ似合う色が分かりません」

 

この辺りまではまだ納得だったんですが

「評価ナシ、この本の著者はカラーコーディネーターだそうです。
結局自分の仕事につなげたいだけでしょ。

この本読んだって似合う服なんてわかりません」

 

 

もちろん、ほめている人もたくさんいましたよ。

 

でも、これらのアンチコメントを見て
思わず膝から崩れ落ちそうになってしまいました。

 

そもそも、本から自分の仕事につなげることが
いけないと思っていることが間違いの一つ目。

 

本で自分のサービスを紹介して何がいけないのかっていうことですね。

自分の仕事に誇りを持っているなら、

それを紹介しようと必死になることをだれも否定なんてできないはずです。

 

 

そして、二つ目に、
「本さえ読めば全て理解できると思っているところ」

 

また、コーディネート本や骨格診断、
カラー診断の本は、あくまで参考書。

 

実際に試着したり、
似合う色を見つけるのは個人の努力。

 

簡単に言えば、将棋の本を買ってルールだけ学んでも
実際に駒を動かさなきゃ理解できないですよね。

 

そして、うまくなりたいなら
指導者についてもらった方がいいですよね。

 

 

ファッションにおいて、自分の判断に自信がない、
客観的な判断がほしいのであれば、
プロに見てもらった方がお金も時間も節約できるんです。

 

どちらにせよ、自力「だけ」でどうにかしようとしているから
結果が出ないことに気づかないと
ずっと人生は変わらないですね。

 

ちなみに、私はすでにプロの方に診断をしていただいたので

自分に似合うパターンはある程度把握しています。

 

しかも、家に居ながらにして診断してもらったので

非常に楽でした。

 

今度、私の診断をしてくださった方についても紹介しますね。

 

コーチングで感謝されて副業をしたいあなたはここをクリック

お金は使えば使うほど増える、は詐欺。

こんにちは寺本です。

 

今日はビビりな方に向けて書きます。

 

最近読みなおした本がこちら↓

ビジョナリーカンパニー3 衰退の法則

 

私はこの本が大好きです。

 

なぜなら、基本的に心配性でビビりなので
こういった「過ちを犯すかもしれない」というルートを
学んでおきたいタイプだからです。

 

この本の中には非常に勉強になる部分が多数あるんですが、
そのうちの一つが
「どんなに優秀な経営能力があっても
現金がなければ会社はつぶれる」
ということ。

 

先立つものがなければ
生活していけないのは当たり前のはずなのに
気づくとカード払いばかりして
自分の今の財務状況がよくわからなくなっている方も
多いのではないでしょうか?

 

そして、もっと恐ろしいのは
現金がなくなると優秀な経営者であっても
判断を誤ったり、何とかしようと
誤った決断をしてしまう、ということ。

 

これは、個人起業家も同じですよね。

 

時々
「お金は使えば使うほど循環する」

「運を向かせるためにお金を使う」

「お金はあとからついてくる」
と言っている方がいますが、

起業した後で貯金の残高が
ガンガン減っていくストレスに
あなたは耐えられますか?

 

私が、
「起業するなら会社員の間に準備しましょう」と
何度も言うのはこのためなんです。

 

ビジネスをする上で投資をするにも
何かを学ぶにも
お金がなければできません。

 

そして、
「働かなくてもしばらくやっていける」
というくらい貯金がある状態と

「どうしよう…もう来月の家賃払えないかも…」
というカツカツの状態とで
いったいどちらがいいパフォーマンスができるのか。

 

あなたの未来のクライアントに
「お金がなくて余裕のないセッション」を提供するのか

 

「お金の不安ナシで目の前の
クライアントに向き合うことに集中できる環境を手にする」のか

 

その分かれ目は会社員のうちにあると思ってくださいね。

 

 

ここじゃ言えないことを書いてます。

こんにちは寺本です。

 

先日久しぶりに新幹線に乗りました。

 

働く同僚の姿を見られて、私も頑張らなきゃと

刺激をもらいました。

 

というわけで、頑張って更新しているこちらのブログもぜひご覧ください↓

http://momoteramoto.com/-wecblog-/

 

こちらのブログだけでしか書いていない記事もありますので

ぜひご覧くださいね。

 

 

ちなみに、久しぶりに新幹線アイスも食べました。

あのカッチカチのやつです。

一駅くらい待ってから食べるといいですね。

 

 

あなた、100万円損してますよ

こんにちは寺本です。
 
週末コーチ起業塾は、なぜ女性限定なのかという質問をいただきました。


その理由は「女性が安心して働く社会を作りたい」
という理念があるからです。


厚生労働省の調査によると
日本の平均年収を男女別で比較すると
どの世代でもすべて女性の方が年収が低いんです。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html


「いやいや、女性は産休とかあるし」

「子育てでパートしかできない時もあるし」

「ほら、女性は事務作業とか多いし」


そういった声もあるでしょうが、
すべての年代ですよ。


ここから確実に言えることは

「仕事の形態が~」

「ワークライフバランスが~」
なんて話じゃありません。


女性は、男性よりも
「お金を稼げていない」ということです。


お金を稼げていないということは、
経済的に困窮する可能性が高い、ということ。


要は、「お金が足かせになってやりたいことをできない」
という状態に陥りやすいということです。



他にも、

「お金がないから夫と離れられない」


「お金がないから嫌な仕事もしなくちゃいけない」


また、

「将来へのお金の不安が消えない」


「自分はこの程度の仕事しかできない」

という不安や自尊心が欠如していくことも
非常に問題だと思っています。


こういった状況を変えるためには
「自分で稼ぐ力」を身に付けること。



とはいっても、ただ稼ぐ方法として
FXや副業をすすめるのではありません。


ビジネスを学び
自分のやりたいことを見つけて
人生で最も長い時間を費やす「労働」を
誇りとやりがいを感じて働く女性を
増やしたいと思っています。



しかし、今の日本でビジネスを学べるところ
それも、初心者に向けて丁寧に教えているところは、
実はとても少ないです。



初心者はビジネスと言っても、
具体的にどんなスキルが必要なのか
全く分からないのではないでしょうか?


そういう方に向けてのメールセミナーですので
興味を持たれた方はぜひ↓から登録してください。
 
 
 

オタクこそ仕事を楽しめる


おととい11月11日と言えば…

そうです。
ミュージカルキャッツの34周年でした。

そうなんだ…へぇ…知りませんでしたけど
という方が大半とは思うんですが、
劇団四季オタクの私にとっては
「34年間もよくやってくれました…」という
感慨ひとしおです。


ちなみにまだ会社員だったころ、上司に
「親戚の結婚式(と同じ位に大事な用事)
 なので休みをください」
とお願いして記念日公演を見に行きました。

時効だと思いますがあの時はすみませんでした。


とはいうものの、私が一番最初に
キャッツを見たのは大学生のとき

その時の感想は
「なんかよくわからない、
 まぁ、楽しかった?」
というものでした。

まさか数年後に

「なるほど、一幕最初のダンスですでに
 この2匹はペアダンスを踊っていて
 関係性があるんだな」
とか

「こことここで同じメロディーを使っている!
 でも歌詞が違う!」
とか

「照明の当て方で時間経過を表しているから
 ここでオレンジっぽい色が出てるんだ!」

などと言い出すとは思えないような
ファーストコンタクトだったんです。



なぜかといえば
「ミュージカルの楽しさを見つける」
というスキルが、最初は全くなかったから。


「客席暗くなって眠くなるし、
 なんかすごいのはわかるけど、ふーん」
程度のものだったんです。


何か楽しいものや新しいものに触れたとき、
新しいことについての見識を深めたり
作者の意図が分かると
その楽しさは何倍にも何十倍にも膨れ上がります。

例えば、野球の試合でも
ただぼんやり見るのと
「今日のピッチャーは、今日が初登板で
 得意のカーブを投げてくるかがポイント」
などの情報を知ってみるのとでは
楽しみ方が違いますよね。


楽しさを最大限受け取るためには
時間とお金を使い、学ぶ努力をしないと、
表面だけでは見えない、隠されたメッセージを
受け取ることが出来ないんですよね。

でもこれ、素人には結構難しいんです。

私は、生まれる前から(母親のおなかにいたころから)
劇団四季を見に行っていたツワモノや
舞台が好きすぎてNYまで行った人と
仲良くなり、楽しみ方のポイントを教えてもらいました。

その結果、前はぼんやり見ていた舞台の楽しみ方を
学ぶことができたわけなんですが…


実はこの
「表面ではわからない楽しさを
 見つける」
これは、仕事にも通じると思っています。


自分のやりたいことを見つけたい!

天職を見つけたい!
という方は多いですが、あなたの天職は
わかりやすい形でそこらへんに
転がってるものではありません。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

の中でも言われていますが、
天職との出会いは、完成したものを
見つけることではありません。
受け身の姿勢ではなく、
自分から積極的に行動することが大事です。



自分の天職ややりがいを探し出すためには、
一番の近道は、教えてくれる人を探し、
いい仲間とともに
ビジネスについて学び
本当にやりたいことを見つけて、
実践していくこと。


ただ表面的な楽しさだけを追い求めても
一人で孤独に努力しても
受け身でいても
やりたいことは見つからないです。


自分もオタクだから言えるんですが、
オタク気質の方は、今はまっているものと同じくらい
仕事を楽しめるようになると
人生の楽しい時間が2倍3倍に増えます。

オタク活動している時「だけ」が
楽しいんじゃなく、
普段の仕事も楽しめるようになる。

そういう働き方に興味のある方は
ぜひ週末コーチ起業塾に来てくださいね。

まずは下のボタンから、メールセミナーにご参加ください

 

 

自分の会社が副業解禁?その時あなたはどうしますか?


ソニー・富士通・キャノン・日産・ロート製薬・リクルート…

これらの会社名は、どれも皆さん耳なじみのあるものではないでしょうか。


実は、これらの会社はすべて「副業を解禁」しています。


もちろん、会社によって制度は違うでしょうが、原則として
これらの会社に勤めている人たちは「別の場所から収入を得てもOK」ということ。


では、なぜ会社は副業を解禁するんでしょうか?


これは、あくまで私の考えですが、




いろいろな経験を積んで、さらに会社に貢献してほしい。。。

というのは建前。


本音の部分は

「うちの会社だけで生活費から

 老後の資金まで賄えるという幻想は捨ててね」
でしょう。


政府も「働き方改革」という名のもとに副業解禁を推し進めています。


簡単に言ってしまえば

「会社員でいたら安泰」という時代は終わりを迎えつつある、

ということ。



会社員だけでは食べていけないので、あとは勝手にやってね。

という時代がすぐそこまで来ているということです。




もちろん、クリエイターや優秀な営業マンはどんどん社外でも仕事を取っていくでしょう。


では、

・ずっとルールに従って仕事をしてきた看護士・介護士

・会社内の仕事はできるが、社外の仕事がわからない事務員

・セールス経験のない公務員

これらの人々は、もし副業が解禁された後どうすればいいんでしょうか?


まったくビジネス経験なし・セールス経験なしの状況で
自分で一からお金を稼ぐために、何から手を付ければいいかわかりますか?


「全然わからない…」

「MBAとか取らなきゃダメ?」

「お金を増やすっていうとFXとか株取引とか…
 でもそんなギャンブルみたいなこと無理」


そんな風に思っているなら、ぜひ↓のメールセミナーにご参加ください。


初心者がビジネスを始める方法について
詳しく解説しています!