https://www.honyaclub.com/shop/default.aspx

 

 

近所の本屋で引き取りが出来ますので

帰り道に受け取ることも出来ます。

 

冊数が多い場合は配送を頼んじゃうんですが

一冊なら受け取ってすぐ持って帰れます。

 

また、こちらのサイトは

「駅ナカ」や「商業施設」の

本屋さんが入っているので

少しは売り上げに貢献できそうです。

 

本屋さんが減ってしまうのは悲しいので

なるべく本屋さんを支援したいですね。

 

 

 

会社に内緒でコーチング副業をしたいあなたはここをクリック
" />

2018年 12月 の投稿一覧

アマゾンばかり使わずに

こんにちは寺本です。

 

最近、本を買うとき

「たった一冊なのにアマゾンで買って、

 配送してもらうのも悪いな」

 

と思うようになりました。

 

アマゾンは確かに便利だけれども

郵便の人に負担をかけるのも…

 

そんなとき見つけたのがこちら

https://www.honyaclub.com/shop/default.aspx

 

 

近所の本屋で引き取りが出来ますので

帰り道に受け取ることも出来ます。

 

冊数が多い場合は配送を頼んじゃうんですが

一冊なら受け取ってすぐ持って帰れます。

 

また、こちらのサイトは

「駅ナカ」や「商業施設」の

本屋さんが入っているので

少しは売り上げに貢献できそうです。

 

本屋さんが減ってしまうのは悲しいので

なるべく本屋さんを支援したいですね。

 

 

 

クリスマスカードを書こう

こんにちは寺本です。

 

この時期、クリスマスカードの準備をします。

 

 

年賀状は、喪中などの可能性もあるので

クリスマスや今年一年のあいさつを兼ねて

カードを書きます。

 

今、メールやラインですぐに連絡が出来るので

なかなか手紙を書く機会も少なくなります。

 

なので、そういう時にこそ

 

「この人にはこういう便せんがいいかな」とか

 

「このシールは似合いそう」

と選ぶ時間はとても楽しいです。

 

年末で忙しい時期ですが

一年間お世話になった人に

ちょっとしたご挨拶の手紙を書いておくのは、

とてもオススメです。

 

感謝の気持ちも伝えられるし、

年賀状を無理に書かなくても

あの時年末年始のごあいさつしたし、

といえますよ。

 

 

 

 

会社にバレる絶対NGな行為

こんにちは寺本です。

 

自分がビジネスをしていることを

(元)会社の人にばれた、という話をしました。

 

では、このブログを見て、

彼女はどう思ったのかを聞いてみると…




同僚
「どう思ったか?
 仕事のとりくみ方が同じだ―って思ったよ。

 会社員の頃と同じで
 無礼な人に厳しいと思った(笑)

 あと、この前の記事、
 タイトルの漢字まちがえてたよ。
 
 相変わらず漢字が弱いんだなって思った」


寺本
「oh…今直します」


私はかつて新幹線運転士をしていて、
今ではコーチとして仕事をしています。


一見すると全く違うかもしれませんが、
私の中で仕事への取り組み方は
あまり変わっていません。


というか、仕事への取り組み方って
そう簡単に変わらないです。


だから、今、あなたが
会社で頑張っていることも
自分でビジネスをしたときにも
必ず役立ちます。


そして、くれぐれも
顔出しはしないでくださいね。
 

 

 
 

副業が会社にばれた原因

こんにちは寺本です。
 

さて、会社の人に

自分でビジネスをしていることがバレたわけですが

どこからばれたかといえば


同僚
「ツイッター流し見してたら、
 このアイコン桃さんだ!って」



安易に顔出しするとバレます、
を実証してしまったわけですね。


私の場合はもう誰にバレても
かまわないのですが

会社員をしながらビジネスをしている方は
本当に気を付けてください。



寺本
「それでー、どう思った?」


本音を言うと、
会社員時代の私を知っている人から

「お前にビジネスなんてわかんのかよ?!」とか

「えー、なんか怪しいことやってるー」とか

そういう感想をもらうんじゃないかと
思っていたんです。


何を言われようが
今の自分の仕事だから関係ない。


それはそうなんですが、
仲の良い人から
自分の仕事を怪しい目で見られるのは
やはり悲しい。


なので、自分のビジネスの話を
あまりするつもりは無かったんですが、

見られたからには
普通の人の感想を聞きたい。

というわけで聞いてみました。

 

さて、どんな返事が返ってきたのか。


 

また明日お伝えしますね。

 

副業が会社の人にばれました

こんにちは寺本です。

先日、前の会社の忘年会に
呼ばれたときのこと。


辞めてかなり経ってるのに
まだお声がかかるのは
ありがたい限りですが、

隣に座った同僚が
こそこそ話しかけてきました。



「桃さんの仕事用のブログ見つけちゃった」



おぉ、ついに来たか。



私は、今の仕事を友人や同僚に
ざっくりとしか説明していません。


場合によっては
「大学に入りなおして勉強する」
とだけ言っているので、
自分でビジネスをしていることすら
知らない人もいます。


その理由は、

・たぶん詳しく話しても仕事の内容を
 理解してもらえないから

・会社員の友人たちにとって
 起業は博打のようなものと思われることが多いから




寺本
「ちなみに、どうやって見つけたの?」


さて、私はどこからバレたのか(笑)

 

ぜひ推測してくださいね。

 

 

 

ノマドワーカーごっこ

こんにちは寺本です。

 

最近、環境を変えて仕事をしてみようと思い

近所の喫茶店で仕事をしてみました。

 

 

とてもよかった点はwifiが飛んでいない(古い店なので…)ので

嫌でも仕事をせざるを得ない。

 

その結果、かなりサクサクとブログがかけました。

 

ただし、「あの本のこれなんだっけー?」と

調べたくなったものは

メモに書いて持ち越しになりました。

 

 

あと、私が結構好きなのは

美術館のカフェや

勉強スペースで仕事をすること。

 

 

静かで適度に人の話し声がするので、

集中しやすかったです。

 

 

 

通常業務ならいいと思うんですが、

あなたのビジネスを理念を考えるとか、

どんな新サービスを作るかとか

深く考える必要があるときには

 

こういうインスピレーションのわく

環境を活用するのもおススメです。

 

 

(あと美術館や古い喫茶店だと、

よくスタバにいるMac bookでドヤ顔で働いてる人がほぼいないので、

これもおススメの理由です)

 

 
 
 
 

社会人入試の結果が来ました。



ここ1年お話ししてきた社会人入試ですが
結果が来ました。








合格しました!
4月から大学生になります!


結果を見る時、
久しぶりに手が震えました。



こういうチャレンジが出来たのは、
クライアントさんやビジネスパートナーを始め、
家族、友人など
この挑戦を応援してくださった方が
たくさんいらっしゃったからです。

本当にありがとうございました。


そして、
「授業料ちゃんと払うから~
 頼む~受からせてくれぇ~」

「小論文の正解を教えてくれ~」

と文句を言いつつも勉強し続けた自分、
GJです。
 

 

コーチングで食べていくなんて、無理ですよね?


こんにちは寺本です。

タイトルは実際に私が言われた言葉です。

何かの交流会でコーチングの勉強をしている方と
お話をしていたら

「でも、人の相談に乗るだけで
 食べていけるなんてムリですよ!ねぇ!」
と言われました。


「それに私、人からお金もらおうなんて
思ってないんです!

 ただ困っている人を助けたいだけで、
 お金をとるのってちょっと違うじゃないですか!」

「だいたい話を聞くだけで、お茶代くらいにはなっても
 それだけで食べていくとか、無理ですよ!ねぇ??」

私は、なんとなーくごまかして
そっとその方から離れました。


私食べていけてますよ。
とは言いません。


なぜなら、彼女にとっては
「コーチングで食べていくことは不可能」

「コーチングでお金をとることは悪」

という確固たる信念があるからです。


こういう信念のある方に
耳を傾けてもらうには
相当な時間が必要です。


少なくとも、立ち話で
どうにかなるものではないと感じたので、
私は、そそっと離れることにしました。


で、今回言いたいのは
あなたのその「絶対」って、
本当に絶対ですか?


実際にコーチで生計立ててる人
私以外にもごまんといます。

でも「絶対!」と信じ込んでいると
コーチとしての生計の立て方について
情報が入ってくることはないでしょう。


今のあなたが「絶対に無理」と思っていることでも
別の見方をすると
「実はできるかも」なこともたくさんあります。


私も、会社員の頃は、
会社を辞めたら野垂れ死ぬ!!と
信じ込んでいましたが、
会社を辞めて3年たっても
ちゃんと屋根のある家で暮らしています(笑)


あなたが持っている前提をまず疑い、
かえていくこと。

コーチングはそれを可能にする仕事だと
信じています。