マルセルデュシャンの展示を
見に行きました。

↓撮影が全部可能だったんです。

4月からはこういう展示も
学割で見られるはずです。

そして上野、まだまだパンダフィーバーですね。

パンダグッズがそこかしこに
売っていました。

 

会社に内緒でコーチング副業をしたいあなたはここをクリック
" />

2018年 12月 の投稿一覧

マルセル・デュシャン展


こんにちは寺本です。



先日、上野のトーハク(東京国立博物館)に
マルセルデュシャンの展示
見に行きました。

↓撮影が全部可能だったんです。

4月からはこういう展示も
学割で見られるはずです。

そして上野、まだまだパンダフィーバーですね。

パンダグッズがそこかしこに
売っていました。

 

軽いPCを買うな、無印のリュックを買おう

 

こんにちは寺本です。

 

私は時々、PCを持ち出して仕事をします。

 

で、帰りに

「おもてぇ~なんでこんなの持ってきたんだぁー」

と後悔します(笑)

 

特にトートバッグ的なものに入れていると

肩にめり込んで痛い、重い。

 

 

で、持ち運びに良いPC買っちゃおうかな。

と思っていたんですが、

とても力強い味方が。

 

それがこちら↓

 

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002635077?searchno=1

肩の負担を軽くするPCポケット付リュックサック

 

 

記載の通り、全く肩が痛くならないです。

 

 

持ち運び用PCと分けると

「あのデータどこに、あれ?これは本体に保存したっけ?」

と訳わからなくなるので、

出来れば一台で済ませたいと思っていた私には

このリュックが来てくれて悩み解消でした。

 

 

荷物が多い方にもオススメします!

 

 

 

 

 

ブログを書いても読んでもらえてない!

こんにちは寺本です。


さて、ブログを書く上での悩み3つ目は

「読者からの反応がない」

についてです。

 

 

 

一生懸命ブログを書いているのに、

全く反応がないんです。

 

コメントもないしメッセージも来ません。


 

そんな悩みをおっしゃる方に

 

「コメントくださいとか

 メッセージくださいって書いたことありますか?」

 

と聞いてみたところ、

 

「え、そんなの書いたことありません」

とのお返事。


 

これでは、コメントもメッセージも

なかなか来ないです。


 

ブログを書く時には、

相手にどんな行動を取ってほしいのか。


 

例えば、

コメントが欲しいなら、

コメントを送りたくなるような記事を書く。


 

無料セッションに来てほしいなら

無料セッションに行きたくなるような記事を書く。


 

もちろんこれは、

言うは易し、行うは難しで

そう簡単にできるものではありません。


 

またあなたのどんな人に向けて

サービスを提供するかによっても

書き方は変わってきます。

 

今回はあくまで一般論として

お話をしてきました。


 

もし本気で、

ブログを書き続けて

クライアントさんと出会いたいと思っているなら

是非下のボタンからメールセミナーにご登録ください。

 

21日間の無料メールセミナーで

詳しい内容をお伝えしています。

 
 

ブログを書く時間がない!!

こんにちは寺本です。

 

ブログ書く上でのお悩みを

昨日からご紹介しています。

 

今日は、

書く時間がない

について。


 

次にブログを書かなきゃと思ってるんですけど

書く時間がないんですよね。

 

そんな悩みに対しての解決策です。


 

時間がないと悩む方には

「時間をロックする」

という方法をお勧めします。


 

TODOリストを使って

 

・ブログの記事を書く

 

とリストに表記したのに、

いつまでたってもそのタスクが終了しないと

イライラしますよね。


 

でも、今日の20時から1時間

ブログのために時間を作る。

 

と決めておくと、

その時間にかけるかかけないかは別としても

ブログに取り組む時間を作ることができます。


 

そして少しずつでも取り組んで行けば、

書くネタは見つかりますし、

インスピレーションも湧きやすくなります。

 

 
 
 

ブログに書くネタがない!!

こんにちは寺本です。

 

 

今日は私がブログを書くときに、

使っている方法についてご案内したいと思います。


 

ブログを書いている方に多い悩みが

 

・ネタがない

 

・書く時間がない

 

・ブログを書いても読者から反応がない


 

この3つの「ない」に 苦しんでいる方は

多いのではないでしょうか?


この3つの解決法を、

今日から解説していきます。



 

ではまず


 

1ネタが無いについて。

 

こちらは、ネタがないことよりも

ネタを見つけられないことが問題です。


 

本当に書くネタがないなら

ブログを始めるところまでたどり着かないはずです。


 

そのためネタを見つけることが重要になってきます。


 

私は、手元に付箋を置いておいて

少しでも気になるフレーズや

 

ネタになりそうなことは

すべて書いておきます。

 

 

そうすると、

「書くことがない!」

と悩んでいる時も

 

このネタ帳の中から

書くことを見つけることができます。



 

今も、私の机には

8枚ほど付箋が貼ってあります。


 

 

何故、うちの上司はこんなにも頭が固いの?

こんにちは寺本です。


 

会社内で、

「何故上司はわかってくれないの?!」

と叫びたくなったことが

ない人なんているでしょうか(笑)


 

私も、

「ほんっとうに

 何にもわかってねーなこいつら!」

とブチ切れること数知れず。


 

・現場のことが何もわかっていない

 

・机上のデータで話を進める

 

・結局そちらのずさんな計画で

 迷惑をこうむるのこっちなんですけど



 

と、言いたいことが山盛りでした。


 

これは私だけではなく

周りの人も同様で、

上司VS現場、という図式があって当たり前でした。



 

ただ、この対立構造が出来てしまうと


 

・話し合いにならない

 

・敵意を持って接するので職場がギスギスする

 

・本来目を向けるべきお客さんではなく

 社内政治に巻き込まれる

 

と、良いことは一つもありません。


 

では、こんな時どうすればいいのか。



 

それは

「私は敵ではないですよ~」という

メッセージを明確に出すこと。

 

具体的には

 

「この間の○○の件、

 矢面に立って大変でしたね」

とか

 

「この職場は若手が多いから

 いろいろ気を付けることもありますよね~」

 

といった感じで、

相手の立ち位置を理解してますよー

と示したうえで話すと、

 

相手もこちらの話を聞いてくれるようになります。


 

もちろん、職場の課題が

一気に解決するわけではないですが

まずは小さな一歩からでも

はじめてみないことには変わりません。


 

そのうえで、アサーティブ

(相手も自分も尊重した意思表示)

な、伝え方をしていきましょう。

 

 
 

”YouTubeの再生数が2万件を超えました。”

こんにちは寺本です。

 

1年前の記事なんですが、

現在は37000回を超えました。

 

これもひとえに見てくださる皆さんのおかげです。

 

5分程度の音声ですが、

約3年かけて350本をアップしてきました。

https://www.youtube.com/channel/UCJ_iC1SvKORYsIbs2rxzr7A

 

 

文章を読んでいると頭が痛くなる!という方は

ぜひ動画も見てくださいね。

 


 

梅醤番茶で温括

こんにちは寺本です。

 

今年の冬はそこまで寒くない、

とは言いつつも、

さすがに朝晩は冷え込むようになりましたね。

 

 

こういう時、私は梅醤番茶を飲みます。

 

作り方は、我流ですが

梅干し+醤油+しょうがパウダー+ほうじ茶パウダー

を湯飲みに入れて梅を崩しながら飲む。

 

ただこれだけですが、

飲み会続きで胃が疲れたときや

さむくてたまらん!というときにはばっちり効きます。

 

 

全てスーパーやカルディで買えるものなので、

私と同じ寒がりの方はトライしてみてください。

 

 

 

依存的な人をますます引き寄せてしまう悪習慣

こんにちは寺本です。

 

昨日から、コーチ、カウンセラーをやりたい!

 

でも依存されてしまうのはご勘弁…という

怖さを感じている方に向けて書いています。



人の相談には乗りたい、

でも

べっとり依存されるのはご勘弁。。。


そんな気持ちはよくわかります。


こういう時、おススメしないのは

「優しそうに見られたり、
 穏やかな人だと思われると、
 依存されちゃうかも」

と思って、普段の自分よりも、
厳しく、
理詰めで責めるような振る舞いをすること。


これをやってしまうと、
折角のあなたの良さが消えてしまいます。


依存的な人だけではなく
普通の人からも
「なんだかよくわからないけど、
 このコーチ不機嫌」
と思われます。


そうなると、
あなたの顧客になるはずだった人が

「なんか怖いから
 この人に依頼するのやめとこ」

と離れていきます。


これは本末転倒ですよね。


あなたの面倒見の良さや
頼りがいのある所は生かした方がいいです。


そのうえで、
「依存的な関わり方を避ける方法」

「そもそも依存的な人が来ない方法」
を学んだほうが、

無理なく自然に振る舞えるし、
依存的な人も来ないので安心して働けますよ。
 

 

 

 

 

相談業は愚痴を聞く仕事?

こんにちは寺本です。
 

 

さて、今日は

「コーチやカウンセラーになりたい」

「でも、べったり依存されたら嫌だな…」

という問題について。



コーチやカウンセラーを目指す方は、

もともと人から頼られたり、
話を聞いて!と言われる経験を
されてきた方が多いです。


そして、
「話を聞いてくれてありがとう!」
と感謝され、

人の相談に乗る仕事を志した方もいます。

ただ、それだけではとどまらず

「それで、夫がこんなこと言って、
 姑もこうで、
 職場ではこんなことが。。。」

と、愚痴を延々と聞かされ、

「もう勘弁して!!」
となってしまった方もいます。


あなたは、この問題を

どう考えますか?

 

ぜひ、あなたの見解を考えてくださいね。