マウンティング女子は、「言ってもいい人」を見つけるといつまでも追いかけてくる。





会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!

" />

2016年 7月 の投稿一覧

実録・マウンティング女子との闘い2

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。

昨日から、マウンティング女子について書いています。


マウンティング女子とは、上から目線かしたから目線を駆使して、あなたより私の方が優位よ!!と声高にいってくる女性の方です。


この、マウンティング女子に目をつけられていたのが、クライアントのAさん。


Aさんは、長年働いていた職場で、

「Aさんはいいわね、独身だから遊ぶ時間がたくさんあって、
 彼氏がたくさんいるんでしょ?」とか、

「Aさんはいいわね、親御さんお離れて暮らしてるから介護の疲れとは無縁よね」

など、プライベートなことを揶揄される機会が多かったそうです。



ここで、
「えー、ほっといてくださいよ(笑)」

「いえいえ~そーなんですよー(聞いているようで聞いていない)」

というような反応をすればよかったのですが、生真面目なAさんは、


「(なんでこの人こんな風に言うんだろう…)」

「(なんて言い返せばいいんだろう…)」


と固まってしまったそうです。

すると、マウンティング女子の皆さんは、Aさんは「言ってもいい人」と認識したようです。



ドンッマウンティング女子は、「言ってもいい人」を見つけるといつまでも追いかけてくる。





実録・マウンティング女子との闘い1

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


あなたは、マウンティング女子を知っていますか?


知りません、会ったことありません。
という方は、この記事は読まなくて平気です。


でも、もしあなたが



「○○さんって仕事が早くてすごーい!周りの男性より頼りになるよね~
でも、わたし○○さんみたいに頭良くないから絶対無理~
それに、男性を立てないと女として可愛げがなくなっちゃいそうで~」


「○○さんのお宅っていつもお庭きれいにしてますねぇ~
やっぱり専業主婦の方ってお時間あっていいですね~
うちは共働きで子供もいるのでぜんぜんできないんです~
お暇そうでうらやましい~」


等々、上から目線下から目線で、怨念のようにあなたを持ち上げたかと思えば
私が勝っているということを言いたがる女性のことです。


わたしも数人のマウンティング女子から絡まれましたが、
私のクライアントさんで、ずっと標的にされていた方がいます。



「もう無理です!!」と悲痛な叫びをされていた方が、その呪縛から解き放つまでのお話しを明日からしますね。






「根性の足りない人」

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。




「私には根性が足りません」とおっしゃる方がいます。

「やらなきゃいけないことを継続できません」


「今年こそ○○しようと思っていたのに…」


「私ってダメ人間なんですかね」

とおっしゃっていました。




ぜんぜんダメ人間じゃないですよ。


というより、根性でどうこうしようとしていること自体が間違っています。


根性、という点では私は全くありません。


すぐに

眠い
だるい
飽きたから出かけたい



が始まる人間です。


しかも、けっこう散財します。


大好きなミュージカルや、交際費にばんばんお金を使います。


でも、仕事は楽しくやっていますし、貯金額もそこそこいっています。


この理由は、根性でやっていないからです。


私の講座の方も、

「なんだ、根性でやっちゃダメなんですね。安心しました」

とすんなり行動できるようになっています。