会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!






" />

2016年 9月 の投稿一覧

本当にやりたいことが分かった

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。

おとといから起業をしようと準備をしていた
Aさんの話をしています。

準備の間に、自分のやりたいことに
気づいたそうです。

現在のAさんは、
副業でお仕事をされています。





「自分でビジネスを立ち上げるんだって思ったら、
 会社の課題点とかも見えてきて、
 前よりも評価されるようになった」
とも言っていました。




これ、実は私も同じ気持ちでした。
私の場合は、会社を辞めないと
理想の人生は歩めないということでやめましたが
事情が違えば、まだ制服を着て
鉄道員をやっていたかもしれません。




副業からスタートして
 ・会社に残るも
 ・会社を辞めるも
選ぶことが出来るのは、
副業からスタートした人だけなんです。
(もうやめたのに復職したいとは
 いえませんからね。)


つまり、しっかりと選択肢を残しながら
副業の準備をすすめていくことが必要なんです。


あなたは、副業なんてぬるい!
でもいきなり会社辞めるのコワイな…
と思っていませんか?


無理に辞めなくても、会社にバレずに副業
という手段もありますよ。
 











副業準備をしている間に

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


昨日から、会社を辞めようと起業準備をしていた
Aさんのお話しをしています。




Aさんは副業からスタートして、
独立のための準備をしていくうちに、
だんだん気持ちが冷めていったそうです。


「結局独立はやめました、
 一人で仕事をするプレッシャーより、
 他の人と協力して仕事をする方が
 自分のスタンスには合っています。

 でも、資格もあるし、独立の手順も
 わかってますから、
 いつでも辞められるって思うと
 かなり気持ちは楽になりますよね」

と、言っていました。



前はもっと、プレッシャーに押しつぶれそうだったそうです。


そして、Aさんは今どんなことを考えているのか
また明日お伝えしますね。




私が会社員副業を勧める理由

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。





私は、いきなり会社を辞めるのではなく
副業からやりましょうと
勧めているのには理由があります。


その理由を話す前に、 
先日知り合ったAさんという方の
お話をしますね。

Aさんは、きりっとした40代の女性で
いつもおしゃれなメガネを
かけていらっしゃる既婚女性です。



Aさんは、もともと会社員でしたが、
どうしても会社を辞めたくなって
独学で司法書士の資格を取り、
開業を目指したそうなんですが…



Aさんにどんなことが起こったのか、
またお伝えしていきますね。



そろそろ予約時期です。

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



Amazonを見ると、もう来年の手帳の予約が始まっていますね。


私はまたこちらにする予定です。

今年はスカイブルーにしようかピンクにしようか。
迷ってます。
http://amzn.to/2bGGCqH


タイプはバーチカルがいいです、一目でいつ何をするかわかりますし、
自分の空き時間もわかるのでかなりいいです。


グーグルカレンダーと表示が似ているのですぐ見れるのもいいですね。

私のように
・予定を詰め詰めにしてしまう人
・ほかの人とのやりとりが多い人

はこのタイプがおススメです。


手帳って、本当に相性がそれぞれで、
これはと思って買ってもなかなか活用できなかったりしますが、
一度しっくりくるものに出会うと本当に楽です。


そのためには、いろいろな方法(ウィークリー、マンスリー、アプリなど)
を試してみるしかないです。


真の目的は、スケジュールが管理出来ればいいわけですから、
その目的に合ったものを探してくださいね。






野の医者は笑う

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


私はかなりの飽き性です。
普段、本を一気に読むなんてことはしません。

だいたい途中で集中力が切れて
「続きはまた今度…」となります。


でもこの本は違いました、久々に、ものすごく面白い本に出会いました。

http://amzn.to/2bDp75r


現役の臨床倫理学者の著者が
いわゆる「アヤシイ」治療(先祖の霊が~、あなたの魂が~)に
自らどんどん足を突っ込んでいく体験記です。

ただ、そういった治療ってもともと日本には根付いていたんですよね
著者も書いていますが、陰陽師なんて公務員がお祓いやってた時期も
あったわけですから。


もちろん、科学の発展した現代では廃れていってしまったように見えますが、
手を変え品を変え存在しているんですよね。

こんなの詐欺だ!ゆるさん!
でもなく、
これで救われましたありがとう!
でもない、体験記です。


相談業をやっている人、
メンタルにかかわる仕事をしている人なら、
読んでいてどこかで自分の仕事を振り返って考えるところがある本だと思います。


でも、本当にただただ面白いので、ぜひ読んでください。















トリセツなしでやろうとするひと

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



私は、新しいものが好きです。
新しいもの、というのは「自分にとって新しいもの」という意味です。


最近ようやくエバーノート(昔からあるPCアプリ)を導入して、
「おぉ、こんな機能があるのね!!」と喜んでいます。


そして、詰まっていたメルマガ書きがかなり楽になりました。

書くネタをストックしておいて、
ストック順に書くので
「何を書こう…」と迷うことが減ったんです。



これなら、無料アプリなのでお金もかからず、
でも新鮮な気持ちで機会をいじって楽しむことが出来て、
メルマガも書ける。

いいことづくめですね。




ここで大事なのは
「いかに自分の甘やかし方を知っているか?」
です。


甘やかすと言っても、散財したり
「やりたくないならやらなくていいよ」と歪んだ許可を出すのではなく


「どうやったら、自分はこの作業に着手できるのかを考える」ことです。


あなたは自分の取り扱い方を知っていますか?





○○システムを使うと衝動買いは減らせる

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


さて、無駄遣い防止についてお話ししていますが、
今日はテクニックをお伝えします。


それは、「洋服のお取り置きサービス」


どうしても「これほしい!」とおもったら、すぐに購入するのではなく
お取り置きサービスをお願いしましょう。

お取り置きサービスとは、商品を取り置きして後でお金を払う仕組みのことです。

再度お金を支払いに行くまでの間


・手持ちの服と合わせられるか
・似たようなものを買っていないか
・今月の予算はオーバーしないか

を考えることができます。

ショッピングは本来楽しいものですが、
度が過ぎると
部屋は片付かず、
無駄遣いをしたという自責の念に駆られ
楽しくないものに変わってしまいます。



勝ったものを後々まで嬉しく眺められるような、
戦略をもって楽しいショッピングをしましょう。





衝動買いを止めるルール

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。




ついつい衝動買いをしてしまい、
使わないものがたくさんある…
という方に向けて、今日は記事を書きますね。


この解決方法は、意外と簡単です。


要は、衝動買いをするパターンにはまらないようにすればいいんです。


人間には
・我慢しよう
・必要か考えてから行動しよう

などの、理性がありますが、脳が疲れている時
この理性が働かなくなります。

その結果

「ほしい!」

「買いたい!」

という気持ちでいっぱいになってしまうんです。

つまり、脳がつかれている時に
買い物欲求が高まると、つい無駄遣いをしてしまう、というわけですね。


ということは、



疲れている時には、買い物をしない工夫をすれば、
この課題はクリアできます。




具体的には、

・ショッピングモールに立ち寄るのを辞める
・ツイツイのネット買いを辞めるため、
 お気に入りにアマゾンや楽天を登録しない


これを守るだけでもかなり変わりますよ。





物欲の秋

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


まだまだ気温は高いですが、もうお店はすっかり秋模様ですね。


かつての私はまさに、こういう時に買い物をしまくるタイプでした。


「秋物のワンピースだ!今日は10%オフなんだ…」

「こういう色のカバン可愛いなぁ…」

そう思って、買って帰ると、
去年勝った似た様な色合いのものがあったり…



そのたびに戒めるのですが、
お店に入るとテンションが上がって
ついつい「この服ほしい!!」モードになるんです。


ただ、お金の無駄遣いもそうなんですが
似たような服やカバンを買うと
結局出番がなく、たんすの隅にしまわれてしまうんです。


クローゼットを開けるたびに
何となーく重たい気持ちになるんですよね。


この、衝動買いを止めるために
いくつかの方法を試しましたので、
また明日からお話ししていきますね。









手を付けたら…

こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。



昨日は、いろいろなことを同時進行するより
もっといいやり方があると書きました。


それは、こちらの本から学んだことですが
http://amzn.to/2ciIJSH


「手を付けたら方をつける」


つまり、一度メールを書き始めたのに
やっぱり資料を見ようかな
でも本も読んだ方がいいかも…
とあれこれ手を付けるのではなく

一度手を付けたら作業を終わらせることを徹底する。
ことです。


この方法に変えてから

・頭がパニック
・何から手を付けていいかわからず結局中途半端
ということがなくなりました。


ぜひあなたも、この手法を使ってみてください。

実際にやってみると、驚くほど
効果が出ますよ。