すぐ行動する人になるための2つの条件とは

こんにちは寺本です。

 

昨日は、すぐ決める「即断即決の瞬発力」が必要と

お伝えしました。

 

 

瞬発力を手に入れるためには

もう一つ必要な力があります。



 

それは

「失敗を許容する力」


 

例えば、

「この人のセミナー行きたい!」

と思って参加したけれど

ちょっといまいち、

 

そういう可能性も織り込み済で参加する、ということ。



 

すぐに決めることができない人の心の中で

 

「もしこれが失敗だったらどうしよう」

 

という気持ちがブレーキをかけることが多いです。


 

ただ野球で10割バッターがいないように、

何もかも「思い通り!」というわけにはいきません。


 

思ってたんと違う…

という場合もあり得ることを受け入れること。


 

そして、思っていたのと違うものであっても

 

「この視点は無かった」

とか

 

「こういうやり方もあるのか」

と学べることは多々あります。




 

そして、全く学ぶこともないし、

とにかく無駄な時間だった。

という場合はどうすればいいのか。


 

今後こういうセミナーは参加しない、

と決める。


 

失敗したことは全く問題じゃありません、

失敗を繰り返すことが問題です。

 

 

すぐ行動する人になるために

こんにちは寺本です。

 

先日、とある勉強会に参加してきました。

 

大好きな作家さんの文章講座だったんですが

募集を見た瞬間に申し込みボタンを押して、

無事席を確保できたんです。

 

目の前でお話を聞けて

めちゃくちゃ嬉しかったですね。


 

で、主催者の方に話を聞いたら

「実は、先に出版社のSNSで先行招待があって

 一般の方の参加は8名分しか席なかったんです。

 

 申し込みできてよかったですね~」


 

私はオタクなので、

ミュージカルやライブなど、

先行販売の時に

即座に決済するのには慣れているんですが

まさかここでそのスキルが生きるとは…

 

それは冗談として(笑)



 

私は個のブログでも何度も書いていますが

意外と

 

「会ってみたい人に会うチャンス」

 

「勉強したいことが効率的に学べるチャンス」

 

は転がっています。

 

そして、見つけたときには

すかさずつかみに行く瞬発力が必要です。


 

後でゆっくり検討~

なんて思っている時間は無いです。


 

分かってるけど、やっぱりすぐ決めるっていうのが

ちょっと負担になってる…

 

そういう方もいるかもしれません。


 

瞬発力を手に入れるためには

もう一つ必要な力があります。


 

こちらについてはまた明日お伝えしますね。

 

 

 

 

 

裸一貫!つづ井さん

こんにちは寺本です。

 

 

先日ラジオで紹介されていた

「裸一貫!つづ井さん1」を買いました。

裸一貫! つづ井さん 1

 

 

そして、この本に関しての

ご本人のnoteも読みました。

https://note.mu/happyhappylove/n/n28f73ff5cdce

 

 

詳しくはnoteの記事を読んでもらえると

いいんですが、

どういう生き方をしてもそれを人から

ジャッジされるようなもんじゃないんですよね。

 

 

未婚でも既婚でも

離婚してもしなくても

子供がいてもいなくても

どういう働き方をしていても

ヤイヤイ言われない社会にしたいですね。

 

 

 

忘年会参加するのダルいなー

こんにちは寺本です。

そろそろ忘年会のお誘いが来る頃ですね。

 

会社での忘年会はうんざりだけど、

久しぶりに友達に会えてうれしい!

 

という方や

 

お金が飛んでいくから正直この時期はキッツイ

という方もいるかもしれません。


 

で、こういう忘年会などの集まりの

参加の仕方で、

その人の自己肯定感ってある程度分かります。


 

例えば

 

「お酒飲めないけどお付き合いだし、

 一応参加しておかなきゃ」

 

「会社の忘年会は絶対参加だから

 嫌だけど行かなきゃ」

 

「一応友達だし、

 お金厳しいけど行くって言っちゃったし…」

 

と、行きたくないけど行かざるを得ないと

思い込んでいるタイプの方。


 

こういう方は、ちょっと自己肯定感が低いかもしれません。


 

自分の考えより他者の目線を

優先しちゃってますから。



 

思い切っていかないという選択も

ありかもしれませんよ。


 

「いやいや、うちの会社に限っては無理なんです!」

 

そんな声が聞こえてきそうですが

よーーーく周りを見てください。


 

こっそり抜け出している人

いませんか?

 

友人の飲み会も、

一回くらい断ったくらいで、

その友情にヒビなんてはいらないかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

今年はどのカレンダーにしようか

こんにちは寺本です。

 

 

そろそろ11月も終わり、

 

文房具売り場ではカレンダーや手帳の並ぶ時期ですね。


 

私は毎年こちらの米津さんのイラストのが好きで買っています。

グリーティングライフ 2020年 米津祐介 カレンダー 壁掛 C-1141-YZ

 

ただ今年は安西水丸さんのも見つけてしまったので

どっちにしようか迷いますね。

 

トライエックス 安西水丸 2020年 カレンダー CL-507 壁掛け

カレンダーなんてそんなこと?と

思うかもしれませんが

自分の好きなものとか

「これを選ぼう!」と決める訓練って

結構大事です。

 

というのも、

「なんでもいい」

 

「どうでもいい」

 

と思っていると

実際に自分はどういうものが好きで

どういう価値観を持っているのか

見えにくくなるんですよね。


 

特にカレンダーは毎日見るものなので

毎日見るならこれ!というのを

探してみてくださいね。


 

 

 

医者だけど医学書読んでいません

こんにちは寺本です。

 

かつての私は、

心理学の知識がないのに

コーチをやることにコンプレックスというか

 

本当に私がセッションやっていいの?

 

という不安がありました。

 

で、その不安をどう解消したのか。

 

具体的な内容をすべて話すと

長くなるので、簡略化してお伝えします。

 

 

で、ちょっと話は変わるんですが、

あなたはもし、具合が悪くなって病院に行ったとき

 

 

医師から手術の必要があると

言われたとします。

 

あなたは以下の二人から

お好きな方を選んでください。

 

 

A先生「大丈夫ですよ、私、手術はしてないけど

 私は医学書をたくさん読みましたから」

 

B先生「大丈夫ですよ、私、医学書読んだことないけど

 手術はした経験ありますから」

 

 

どっちも嫌だわ、

という声が聞こえてきそうですね、

私もどっちも嫌です(笑)

 

 

コーチやカウンセラーもこれと同じで

自信を持つためには勉強も実践も必要なんです。

 

 

ただし、全くの初心者がいきなり

手術をするのは危険なように、

 

基礎知識を学ぶことと、

実践練習を積んだうえで

本番のセッションをする必要があります。

 

 

こちら、より詳しく下の

21日間のメールセミナーで書いているので

ぜひ読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分なりに勉強はしたものの、自信が持てないコーチ

こんにちは寺本です。

 

 

心理学の知識がないことで自信が持てない

コーチやカウンセラーについて話しました。

 

 

なんとなく他人事のように書いてはいますが

私もかつては同じでした。

 

 

 

「自分なり」に勉強はしたものの

 

「この理論、結局なんなの?」

 

「ネズミがどうなったとかの実験で

 いったい何がわかるの…?」

 

と、読んだはいいものの、

知識と実践が結びついていなかったです。

 

 

コーチングについて

スクールに通い、

セッション練習も重ねましたが

 

心理学に詳しい人と話すと

なんとなく気後れしたような

気持ちになっていました。

 

 

自分なりには勉強してるけど

この程度の知識じゃダメなんじゃないか…

という不安を持っていました。

 

 

そして、こういう不安を持っている方も

このブログを読んでいる方の中にも

いらっしゃるんじゃないかな?

と思います。

 

 

この悩みをどう解決したかについては

めちゃくちゃ長くなってしまうので

簡単にお伝えすると

 

 

 

・ただやみくもに勉強すること

・「本で勉強したからって

 セッション上手くなるわけじゃないし」

 と、不安から目を背けることも

辞めたほうがいい、ということです。

 

 

 

何故なのか、

ちょっと長くなったのでまた明日。

 

 

 

 

カウンセラーだけど心理学の知識がないです…

こんにちは寺本です。

 

昨日の続きです。

 

普通の人なら、

心理学の本を読まないことは

全く問題ないと思います。

 

興味のない本を無理に読むもんじゃないですし。

 

 

しかし、コーチ、カウンセラー、

セラピストといった

「人の相談に乗る仕事」

をしている方や、

 

していきたいと思っている方が

「心理学の本とか読んだことない」

 

というのは

医者が医学書読んだことない、

に近いですよね。

 

 

これ、勉強不足であることも

問題なんですが…

 

 

それ以上に問題になってくるのが

この状態で

「私は人の心理を扱う仕事しています」

と自信を持って言えないことです。

 

 

自信がないと、ブログで情報発信することもできないし、

 

例え

「あなたコーチングとか勉強してたんだよね?

 わたし今悩みがあるからコーチング受けたい!

 お金もちゃんと払うよ!」

と言われても

 

「いや、私、そこまですごくないから…無料で!」

 

「私なんてまだまだだし…もっといい人紹介しようか?」

と怖気づいちゃうんですよね。

 

 

これでは、仕事にしていくのは難しいです。

 

 

 

 

 

 

心理学の本、どのくらい読みました?

こんにちは寺本です。

 

大学の秋学期も後半戦に入りました。

 

最新の心理学を学ぶぞ!

と思って大学に入ったのが4月。

 

一年目からがっつり

勉強しています。

 

で、心理学を学びなおすために

図書館やアマゾンで

心理学の本を探したり、

本屋さんで心理学書のコーナーに

立ち寄るようにしたりしています。

 

 

その時感じるのは

「今の心理学の本は玉石混合」

 

 

いわゆる教科書に採用されているような

データに基づいたものもありますが、

「それは理論を曲解しすぎでは…」

みたいなものもあります。

 

 

例えば、

心理学でナ○パを成功!みたいな

論外なやつもありますが

 

一見、真面目に見えるものも

ネズミの実験で証明された理論を

無理やり人間に当てはめてたり、

 

あくまで少ない事例を一般化したり

ですね。

 

 

読み物として読む分には面白いとは思いますが

それをもとに対人関係を変えようとしたり、

セッションに応用したりすることは

ちょっと危険ですよね。

 

 

仕事のスキルを上げるためには

インプットが重要ですが

どういう本を選べばいいか、

わかっていないと

良いインプットはできないです。

 

 

ただ、人によっては

「心理学の本ほぼ読んでいない」

という方もいるかもしれません。

 

もちろん、普通の方はそれでいいと思うんですが

コーチやカウンセラー、セラピストの方は…

 

続きはまた明日書きますね。

 

 

 

 

 

確定申告される方、これやりました?

こんにちは寺本です。

 

 

日に日に乾燥が進みますね。

 

喉風邪に気を付けていきましょう。

 

 

さて、先日税務署に行きました。

 

 

何かやらかしたとかではなく、

確定申告のオンライン申告の

手続きをしに行きました。

 

 

確定申告の時、私は税務署に持ち込み又は

送付をしていました。

 

ただ、この時期の税務署はハチャメチャに混むし、

送付もちょっとめんどくさい。

 

 

オンライン申告は

カードリーダーがないとダメだったんですが、

来年からパスワードがあれば

オンラインで出来るようになります。

https://www.sumoviva.jp/trend-tips/20181210_1631.html

 

そのうえオンラインでやるかどうかで

控除額も変わるみたいですね。

 

ただ、使用開始のためには

対面での申請が必要になるんですよね。

 

 

確定申告以外の時期に

税務署に行ったことがなかったんですが

がらっがらだったので、

申請を検討している方は

今がチャンスです!